www.masuhiro.jp > ブック

山本益博 著作一覧

 ページ1/2  ページ2/2 

Masuhiro.jp  HOME | マスヒロ食時記 | サイトマップ

©2011  Masuhiro Yamamoto

鮨 すきやばし次郎 JIRO GASTRONOMY

鮨 すきやばし次郎 JIRO GASTRONOMY

2014年/小学館 

世界一の鮨のすべてがわかるハンドブック

オバマ大統領の来店で「どんな寿司なのか?」と国内外から注目を集める「すきやばし次郎」。「次郎」の仕事にフォーカスしたドキュメンタリー映画が世界30か国以上で公開され、世界中の料理人が小野二郎氏(店名は次郎)の料理哲学に感銘を受けた「世界一の鮨屋」。その美味しさの秘密がわかり、より美味しく鮨が食べられる上製の手帳サイズの「実用ハンドブック」です。次郎流の寿司種の解説のほかに、小野二郎氏直伝のべからず集つき「寿司の美味しい食べ方」、予約やドレスコードなど「すきやばし次郎のトリセツ」も収録。料理写真の第一人者・管洋志氏と泉健太氏の質感の高い寿司の写真に、山本益博氏のわかりやすくて奥深い解説を日本語と英語で併記し、外国の方にも使いやすい一冊です。


美食の世界地図

美食の世界地図

2014年/竹書房 

20世紀後半、世界の料理界はフランスがリードし続けた。ポール・ボキューズ、ジョエル・ロブション、アラン・デュカス…。しかし、21世紀に入りフランスからスーパースターは出現せず、新しい潮流はロンドン、コペンハーゲン、ニューヨーク、シカゴから生まれている。さらにユネスコの無形文化遺産に登録された「和食」は「UMAMI」「KAISEKI」などの言葉とともに世界中の料理人に影響を与え、東京もまさに美食の中心地である。本書は新たに塗り替えられた「美食の世界地図」を料理評論の第一人者が食べ歩き、その最新事情に迫る。


名人芸の黄金時代<br>桂文楽の世界

名人芸の黄金時代<br>桂文楽の世界

2013年/中公文庫 

桂文楽、柳家小さん、林家正蔵、三遊亭円生……。名人たちがしのぎを削っていた落語黄金時代の「芸の本質」をみずみずしい筆致で描いた著者の処女評論。


立川談志を聴け

立川談志を聴け

2011年/プレジデント社 

書き下ろし「幻の志ん朝・談志二人会」をはじめ、かつて上梓した単行本から再録した原稿、談志メモ、対談などで構成。私が惚れこんだ談志さんの実像を、この本からぜひ知っていただきたいと思います。


イチロー勝利への10ヵ条

イチロー勝利への10ヵ条

2010年/静山社 

2010年10月に、あのハリーポッターの静山社から文庫で「イチロー勝利への十ヶ条」を上梓しました。2006年刊行の「イチローに学ぶ」(講談社)をベースに、またイチローへの単独インタヴューをそのまま生かし、その後の活躍ぶりを大幅に書き加えました。
イチローこそは「職人仕事の完璧主義者」。
ぜひ、お読みいただきたい一冊です。


人間味という味が、いちばん美味しい

人間味という味が、いちばん美味しい

2010年/大和書房 

この40年間にわたり、料理人や食材の生産者からじかに伺った素敵な言葉を集めた「人間味という味が、いちばん美味しい」が大和書房から出版されました。
いただいた料理も素晴らしいけれど、通い詰める中で、ふと洩らされた料理人や生産者の方の言葉はもっと御馳走だと思います。料理をめぐる言葉の御馳走集です。


味と出会い人と出逢う

味と出会い人と出逢う

2010年/みやび出版 


鮨 すきやばし次郎 美・職・技 

鮨 すきやばし次郎 美・職・技 

2009年/グラフィック社 

監修


大人の作法

大人の作法

2008年/KKベストセラーズ 

日本人に必要なのは「師」の存在

師の存在なくして現在の自分はありえません。しかし気がつけば、わたしはその師たちと同じ年齢に達しているのです。この「先達の教え」という宝物を、次の世代に継承していこうと思いました。経験に裏付けられた言葉の、確かな説得力。堂々たる立ち居振る舞いの、美しさ。これらを次の世代へと伝えることこそが、たくさんの師に対する恩返しになると考えたのです。(はじめに より)


マスヒロの東京番付

マスヒロの東京番付

監修/2008年/実業之日本社 

山本益博が主宰するサークル「ア・ターブル99」のメンバー100名が評議員となって構成された「東京番付編成会議」編として出版されます。その評議員を兼ねた審議委員20名(山本を含む)による「横槍審議委員会」が東京の飲食店約170店を格付けいたしました。


山本益博の厳選!取り寄せごはん

山本益博の厳選!取り寄せごはん

2008年/青春出版社 

生産者の顔が見える安全・安心な47品

料理評論家・山本益博がいままでに出逢った心のこもった「本物」ばかりを集めた1冊です。近所のお店から出向いてでもわけていただきたい食材がテーブルを飾ります。肝心なのは、ものを美味しく食べること。食材や生産者へ敬意を払っていただきます!お米や醤油、塩といった基本はもちろん、ジャムやくだものまで掲載しています。さらに日頃どうやってごはんを炊いているのか、写真でもご紹介しています。


「3つ星ガイド」をガイドする

「3つ星ガイド」をガイドする

2007年/青春出版社 


マスヒロの東京ずばり百軒

マスヒロの東京ずばり百軒

2007年/実業之日本社 

以前、長きにわたって「週刊現代」のカラーグラビアで掲載されたお店のなかから、都内の百軒をセレクトし、新たに構成したガイド本です。
カメラマンの管さんとコンビを組んで出かけたお店ばかりですので、文章はもちろん、写真の迫力をご堪能いただけるはず!

写真/管 洋志


そんな食べ方では<BR><BR>もったいない!

そんな食べ方では<BR><BR>もったいない!

2006年/青春出版社 

「美味しいものより、美味しく食べたい」という想いと、今日の山本があるのは、すべて先達のおかげでもあるといことをお伝えしたくて出版しました。


イチローに学ぶ 失敗と挑戦

イチローに学ぶ 失敗と挑戦

2006年/講談社 


ロマネ・コンティとモーツァルト

ロマネ・コンティとモーツァルト

2005年/ア・ターブル99 


東京1000円 味のグランプリ

東京1000円 味のグランプリ

共著/2004年/講談社 


至福のすし すきやばし次郎の職人芸術

至福のすし すきやばし次郎の職人芸術

2003年/新潮社 


マスヒロの365日食べ歩き手帳

マスヒロの365日食べ歩き手帳

2003年/講談社 


東京・味のグランプリ 勝ち抜いた59軒

東京・味のグランプリ 勝ち抜いた59軒

2002年/講談社 


エル・ブリ 想像もつかない味

エル・ブリ 想像もつかない味

2002年/光文社 


音楽で逢いましょう

音楽で逢いましょう

2002年/音楽之友社 


東京1000円味のグランプリ

東京1000円味のグランプリ

共著/2000年/講談社 


マスヒロがこっそり教える世界の<とっておき>

マスヒロがこっそり教える世界の<とっておき>

1999年/ブックマン社 


ずばり、この味

ずばり、この味

1999年/講談社 


21世紀への料理書

21世紀への料理書

1999年/小学館 


味な宿に泊まりたい

味な宿に泊まりたい

1998年/新潮文庫 


「うまいの、なんの!」春夏秋冬 旬の味・旬の店

「うまいの、なんの!」春夏秋冬 旬の味・旬の店

1997年/講談社 


食べる 店の流儀、客の心得

食べる 店の流儀、客の心得

共著/1996年/講談社 


普通の食事

普通の食事

1996年/普通の食事 


宿は極楽・味は極上

宿は極楽・味は極上

1996年/NTTメディアスコープ 


オペラの旅へようこそ

オペラの旅へようこそ

共著/1996年/NTTメディアスコープ 


山本益博の一泊二日くいしんぼの旅

山本益博の一泊二日くいしんぼの旅

1996年/世界文化社 


ダイブル

ダイブル

監修/1996年~2000年/昭文社 


ひと皿の歳時記

ひと皿の歳時記

1995年/NTTメディアスコープ 


gaston ガストン

gaston ガストン

1995年~1997年/自費出版 


プロフェッショナルの本領

プロフェッショナルの本領

1993年/新潮社 


5軒のホテル

5軒のホテル

1993年/マガジンハウス 


味の三人勝負

味の三人勝負

1989年/TBSブリタニカ 


山本益博の考える舌 選びぬかれた90店

山本益博の考える舌 選びぬかれた90店

1989年/文藝春秋 


フランス美食街道

フランス美食街道

1988年/文藝春秋 


東京ポケットグルメ

東京ポケットグルメ

1988年~1993年/文藝春秋 


男の基本料理

男の基本料理

共著/1987年/講談社 


味の100店練磨

味の100店練磨

1987年/文藝春秋 


グルマン 東京関西フランス料理店ガイド

グルマン 東京関西フランス料理店ガイド

共著/1987年~1993年/駸々堂出版 


食卓の三重楽

食卓の三重楽

1986年/駸々堂出版 


ミシュラン抱えて

ミシュラン抱えて

1986年/駸々堂出版 


考える舌と情熱的胃袋

考える舌と情熱的胃袋

1985年/新潮社 


東京味のグランプリ1985

東京味のグランプリ1985

1985年/講談社 


対談 レストランする愉しみ

対談 レストランする愉しみ

1985年/駸々堂出版 


»